脊柱管狭窄症の克服で辛い痛みとさようなら|慎重リハビリライフ

先生

免疫力をつけて治療

先生

NK細胞療法は、NK細胞すなわちナチュラルキラー細胞が持っている自然治癒力を活かした最新のがん治療法です。人体にもともと存在するNK細胞を培養して増殖し、体内に送り込むことでがん細胞の死滅を目指します。

もっと読む

がんの王様

聴診器

がんの中でも最も発症が分かりにくいと言われているのがすい臓がんです。このすい臓がんは転移することもあるため、早期発見をすることが大事です。早期発見をすることで身体に負担をあまり与えることなく手術ができます。

もっと読む

がんの治療方法

看護師

すい臓がんの治療は他のがんよりも高等技術が必要です。また、すい臓がんは転移がしやすいがんとしても有名なため、すい臓がんはいち早く治療して完治することが大事です。

もっと読む

年齢と身体の変化

病院

高齢者や女性に多く症状が現れやすい病気はたくさんあります。椎間板ヘルニアなどの原因にも繋がる、脊柱管狭窄症などの病気や、脚や腰の痛みによるリハビリを必要とする人も多くいます。脊柱管狭窄症は歩行に支障が出てくるので早めのケアが必要でしょう。しかし、他には女性に多く見られる下肢静脈瘤という病気があります。聞きなれない言葉なので、重病なのでは無いかと不安感じる人もいますが、下肢静脈瘤は病院で治療をすることが出来ます。ガンなどの悪性のものとは違い、下肢静脈瘤になったからといって他の身体の部位に影響を及ぼす心配が少ない病気です。基本的に悪性のものではなく、良性のものがほとんどです。しかし、脚の裏側がボコボコしたものが出来るので、何か変な病気なのかなと不安に思う人や、脚が見える衣類を着ることに抵抗を覚える人も多くいます。そうなってくると、いつも脚を気にしてしまい、次第にコンプレックスになることがあります。大きな悩みにならないように、しっかり治療する事が大切です。最近では病院に行って治療する際、入院する必要もなく日帰りで行なってくれる病院も増えていますので、心配することはありません。下肢静脈瘤は適度な運動や食生活の改善で予防することも可能です。

下肢静脈瘤の治療をして、綺麗な脚を取り戻したいと思ったら、重要になってくるのが病院選びです。最新の医療機器を取り扱っているか、治療の流れをわかりやすく丁寧に説明してくれるかなど、患者に寄り添った治療をしてくれる病院だと安心して治療を任す事が出来ます。また、パソコンやスマートフォンのなどを利用して、下肢静脈瘤に関する知識と治療経験のある名医を見つけることも可能です。同時に、名医のいる大阪の病院は何処にあるのか、どのような取り組みを行なっているのかという情報も得られるでしょう。